FC2ブログ

Save the World

世界の様々な問題について考え、解決策を導く為のサイトです。 This is not a website simply to talk about the important issues in the world. This is a website to initiate thought and discussion on how to best solve these critical world issues.

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-17

私は、一生に36、387回シャワーを浴びますが?あなたは?

ナショナル・ジオグラフィックによるHuman Footprintの特集。
温暖化には欠かせない私達の大きな課題。それが、
莫大な需要・供給。よく食べ、太っている人は地球温暖化を早めている原因なのをご存知ですか?資源を消費すること全て、現代世界では、自然を破壊している原因なんです。
よく食べると言うことは、食糧消費量が多大。包装紙、パッケージの量も多い。
太っていると言うことは、着る衣服の材料の消費量が多大です。その体系を維持するために食べるでしょう・・・。

アメリカと日本は2大大量消費国です。
アメリカと日本が消費量を減らしたら、どれだけ世界が変われるのでしょうか・・・・?

  普通のアメリカで暮らすアメリカン一人が一生に・・・・・

・・・読む(そして捨てるのか?)新聞の総数、5,054冊
     日本はなんと16、425冊なんともリサイクルせずには生きていけないでしょう!
            トイレットペーパーと交換ですもんね。

・・・食べる(消費する)オレンジの数、12,888個

・・・食べる卵の数、日本人なんと、27、559個(一人ですよ?!)
          アメリカ人、19,826個
     ちなみに週に2個卵を食べるSAVER自信が
一生に食べる数は8,086個

・・・食べるジャガイモの数、イギリス人トップの58,734個
                 アメリカ人、28、080個
                 日本人、13,530個  
       週に4個くらいいってるんじゃないの?で、
計算してみたSAVERは16,172個。
         こんな量のじゃがいも食べるのか・・・。

・・・食べるパンのスライスの数、イギリス人トップで102,678枚。
                    アメリカ人、87,520枚。
                  米食日本人は、6,560枚。

・・・浴びるシャワーの数、SAVER自身週に9回での計算でトップの
36、387回
                アメリカ人28、433
                  日本人24,501
 (まあ、お風呂をためるし、水の量からすると世界一なはずですね)
                    イギリス人14、440
                  

もっと知りたい方は、こちらで、自分が一生に消費する数を計算してくれます。
リンク先ページの下のオレンジやハンバーガーの写真をクリックしてください。
http://channel.nationalgeographic.com/channel/human-footprint/

これであなたもエコに力を注ぎたくなるはず。 是非再生してみてください。


スポンサーサイト
2008-03-05

温暖化下、氷の争い

北極大陸の氷がガンガン溶けているのは現代の常識的知識
地球温暖化で白熊も氷の陸地を探せずひたすら泳ぐ様。

こんな北極の氷河ですが、

私達人間が、自ら氷の陸地に亀裂をつくり、溶ける速度を早めているのはご存知ですか??

氷は砕けば砕くほど早く溶けますよね。

何が亀裂を作っているかと、、、、、

はい。潜水艦です。

この特別な分厚い氷も砕いて前進する潜水艦。どこの国でも持っているモノではありません。
ロシア・中国共に2隻以上。
軍事費世界最高潮のアメリカはなんと1隻。

北極圏にはイギリスがかつて領土を求め探検に行きました。先住民のエスキモーの力も借りず突き進み、そのままどこかで全員死亡してしまったようです。

その後、もちろん北極は誰が支配してるのか??????
誰も・・・。

そこでロシアなんかの国が強力潜水艦で毎日氷をバリバリ割っては、

そこに国旗を立てちゃったりしています。
「ここは自分達の領土~」って。「早いもの勝ち!」

そうです。これが現代の温暖化系、領土の争い。たちが悪いですね。

ロシア氷と白熊さん以外何も無い大陸で何してるかって

石油掘る計画してるんですよ

教科書の世界地図が変わります

アル・ゴアのドキュメンタリーを見た方は潜水艦が氷の大陸から浮上してくる映像を見たと思います。そうです。それが毎日繰り返されているんです。
亀裂をつくっては、旗を掲げ、自国化。そして、石油も掘っちゃえー。

いいんですか?国際連合。
2008-02-10

アサ科の謎

麻、Hempの使用がどれだけ地球に影響を与えるかを説明しましたが、
実は・・・・・こんなことを発見。

麻には(もちろん他の植物と同じように)沢山種類があります。
なので、沢山の人が種類・名前を大混乱。私まで大混乱・・・・。ややこしいです。

そして発見したのが、マリファナとして吸われる麻と、エタノールや石油になり、プラスチックが作れるに加え、二酸化炭素吸収能力抜群!の麻では種類が違う!!!!

おお~なんだ~。じゃあ、栽培しちゃえばいいのに~!

って、その通り。

ひとまとめに法律で禁じられている・・・・というだけなんです。
はい・・・。はっきり言って、その種の麻を合法化すれば地球を救えるんですね。

麻を区別するモノサシが、THC(テトラヒドロカンナビロール)
この数値が高いことは、陶酔成分の高さを表します。

マリファナとして吸われる種の麻はその数値が高く、大注目の地球を救う麻は、数値が非常に低く、吸ったりする事はできません。

品種改良をし、繊維のために生産される麻ヘンプ(HEMP)と呼び。
たまらなくオイシイ植物ですね。暮らしを補い、毒性無し?今更放っておく分けにはいかないでしょう~。同じ麻の種の「マリファナ」・・・・名前が大迷惑だったんです。こっちまで違法にされちゃいましたからね。

規制薬物とされる陶酔性質の高い麻カナビス(Cannabis)と呼ぶ。・・・ということです。

法律、、緩和しませんか??
2008-02-01

地球を救うDRAG

バイオ燃料・・・エタノール。さとうきびに、とうもろこし。っと注目を浴びるのがエタノール。実はさとうきび、トウモロコシ以外にもっと効率良く地球を救える天然資源があるんです。

それが、HEMP=麻=大麻=マリファナ

ご存知の通り、大麻はドラッグです。ご存知マリファナです。でも、麻です。一種の布として使われたりしますね。麻は約100日で3~4mくらい伸びるかなり成長の早い植物。なんと殺虫剤、除草剤、肥料が全くいらない。それでもって、土壌の栄養を使い果たすことは無い

さて、何が利点なのかというと。

1、茎は繊維になります。

糸、ロープ、衣類など、耐久性・強度共に優れる。
加工の仕方によっては綿より柔らかくできる
吸収性に優れるので、おむつ、タオル、ベビー服にはもってこい。

2、花の部分は医療に使えます。

緑内障、喘息、関節炎を癒す
癌、エイズ等の化学治療による副作用を和らげる
歴史的に認められたその他の医用価値。

3、皮を剥いだ麻の茎は、代替資源になります。

必要以上に木材を伐採することなく紙や、建築部材ができる。
石油などの化石資源の代替品!毒性の無い塗料、シーラント(密閉材)、プラスチック(天然樹脂)っと、たくさん作れる。

4、種子は食材やオイルになります。

非常に消化の良い良質なたんぱく質と、脂肪酸を含んでいます。
バイオ燃料の最高の原料として、ガス・炭・エタノール・メタノール・ディーゼル燃料を作ることができる
発電にも使用できる!

5、根っこもすごいんです。

化学肥料によって荒れてしまった土壌の活性化
地中に深く固定されるので、侵食や、土石流を防ぐ

どうです??すごいでしょう??
問題は一つ。
法律で規制されています

実は、まだまだ凄いHEMP。

紙にしたとき、200年たっても劣化が見られないほど上質。
        単位面積当たり木材の4倍も生産できます。
        ヨーロッパの12%の農地で生産した場合、世界の紙の需要をまかなえる!

建築に使うとき、細かくして水と石炭と混ぜると、「夏は涼しい、冬はあったかい」素材になる。麻からできたプラスチックはダイオキシンが発生しないかつ、土に還る。

落葉樹の3~4倍も二酸化炭素を吸う!!これぞ、二酸化炭素吸収器!

食肉用の鶏や、家畜の肥料としても使えます。
コレステロールや血圧も下げます。
自然界で一番パーフェクトなバランスを持つオイルです。

そして、何と言っても空気清浄化!

問題
マリファナ保持していると違法です。
法律を変えない限り、このすばらしい麻の地球救出能力は・・・。
こんなに身近な物がここまで地球を変えることができるんです。
でも、悪用されるのが落ちだ。ということで、法律で制限される始末。

解決策として考えられること
寒気がするくらい恐ろしい法律をつくり、栽培。
悪用不可の状況をつくりだすしか無いですね。

こんな天然資源、使わずして地球の未来無しです。マリファナを吸うことは、タバコを吸うようなものです。法律で規制されてるかされてないかの違いだけです。なんでタバコは違法にしなかったんでしょうか?マリファナはタバコより依存性が低いのである意味安全と言われてもいます。健康を害する害さないは個人の自由ですが・・・
「違法」と定めるからこそ好奇心が高まる。といのもありますね。どこの国でも同じことです。髪を染めるなと言われれば、染めたくなる。携帯を学校に持ってくるなと言われれば、持って来たくなる。そんなものです。

こんな地球の救世主。放っておいていいと思いますか??
2008-01-29

そもそも石油

アメリカがイラクに攻撃をしかけた理由の一つとされる石油

そもそも石油って何だかご存知ですか?
海底に埋まってるドロドロした黒いもの。ですけど、そもそもなんでそんなものが埋まってるか?って話ですよね?

石油は恐竜とか昔存在してた生き物の腐敗物なんですよね。
海底の酸素も届かないような奥深くは、生き物の墓場です。
死んだ魚やプランクトンなど、ガンガン落ちて行きます。
それが腐ってバクテリアとかが生まれて海底は毒素の塊~になります。
ピンク色とか緑色とかの水の色です。そのあと真っ暗どす黒~くなります。
それが何万年もかけて海底に溜まる!!それこそ石油。

サウジアラビアは世界の石油王国です。なんで??
生き物の死骸がい~っぱい溜まってる地帯だからです。
イラクは世界第二位と言われますが・・・。

科学者の中には、石油はもうすぐ尽きる。っという人がいっぱいいますね。さて、本当に尽きるんでしょうか??

いや、まだまだ石油はある!っていう人もたくさんいます。
石油は化石燃料ではない!らしいです。彼らの理論では。
太古から海底の奥深くには炭化水素をエネルギー源として生きていた菌類がいっぱいいて、いまでもそれらがい~っぱい生きてる・・・。だからまだまだ石油はある。

っと、でも結局の使い道によれば二酸化炭素排出して地球温暖化に貢献しちゃうだけなんですから、石油があろう、無かろう・・・・どっちでもいいと思います。石油の取引に頼って生きてきた国の人々は何か他の方法を今!探さなきゃなりません。「そんな事言ったって、すぐにはできないがなー」って言うのが現代の対応。

アメリカが石油貿易控えればかなりの影響がでます。二酸化炭素これ以上出さないためにはこれしか無いんじゃないかなと思いますけど?それか、大型の二酸化炭素吸収ロボットでも創りますか??

 | HOME |  »

ACTION CALENDAR

MONTHLY ACTION

CATEGORIES TO SAVE

FC2 Blog Ranking アクセスマニア 人気サイトランキング
Google

SAVER'S PROFILE

RECENT ENTRIES

SOLVER'S RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

  
Google
FC2 Blog Ranking 無料blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。