FC2ブログ

Save the World

世界の様々な問題について考え、解決策を導く為のサイトです。 This is not a website simply to talk about the important issues in the world. This is a website to initiate thought and discussion on how to best solve these critical world issues.

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-13

アメリカ文化とは何か・・・?

High Culture/Low Cultureについて勉強したことがあります。
「だいたい、文化の違いを高い・低いで現すという事は間違っている」、という意見は承知の上で習いました。
そのHigh Cultureなのが、オーストラリアのアボリジニ。っと言う風に教わりましたけど。

学者の判断したことなんかイチ人間の意見ですから、それなりに尊敬しますけど、「へえ~」っと心の中に刻んでおきました。

アメリカに来る前に、親に「なんで文化の無いところに行くんだ?」と反対されました。「何を学ぶんだ?」って、言われました。(まあ、行って欲しくなかったか、私をテストしたか)
文化が無いのか・・・?っと、自問・・・でも、自答できない。ハンバーガー。か?

10~13歳の頃メキシコに住んでいた私の家族。散々メキシコについて学びました。その頃、何度もアメリカには旅行に行ったものでした。ユニバーサルスタジオとかディズニーワールドに行って、かなり感動して、「凄すぎる!!!!うううううっ」っと子供ながら涙が出ました。ニューヨークで観た、サウンド・オブ・ミュージックのミュージカルでも泣いたの覚えてます。
その頃から、「なんでこの国は凄いのか?」知りたかったんです。

私の留学の理由。
1、もっと沢山の人に出会える
2、もっと沢山の考え方を学べる
3、世界中の人がいそうだ(想像でした)
4、なんであんなにエンターテイメントが「凄い!」のか知りたい
5、英語はしゃべりたいけど、できない。言葉なんて一つのtoolである。
  自分の中のtoolを増やそう。
6、メキシコに近い!地理条件が将来的に最高。(学校創りに行きたいので)
7、国際開発勉強できる本場だ!(っと信じ込んだ)
8、絶対私は国際結婚する(自分の中の昔からの大予言!)(大当たり!)
9、自分の良さを分かってくれる国(だと思う)
10、個性を広げるのに持って来いの国だ。(と思う)

っと、こんなとこでした。
その後、ここに来てからは、一年一年が10年くらいに濃い。恐ろしく年をとってゆく。
そこで沢山の人種、文化に触れ合い、今現在の結果がこちら。

アメリカ文化とは、
First of all、アメリカは世界中でもっとも「特別な場所」であると思う。
世界で唯一、世界中の人が集結している国だから。

英語は、アクセントがあって良い。人種ごとの英語の使い方がそれぞれある。

アメリカを創っている原動力は世界中の異なる文化で、それ自体がアメリカ文化である。
と、私は思っています。
つまり、「文化の混じり合い」=「アメリカ文化」。
世界中の食べ物、風習、習慣、伝統、言語、のすべての良い所をうまく結合して創り上がったのが、アメリカの文化。だから、世界で一番のエンターテイメントを作り出せるんじゃないかなと、思います。
その文化の混じる中で、個々の文化が主潮し、生き残るのに必要不可欠だったのが、
「自己主張」をすること。
自己主張無しでは、個々の文化が死んでしまうので、当たり前のように自分の文化が何かを訴える事が必要だったのだろう。
(自己主張強い人たくさんいますが、その行き過ぎ版が、「自己中心」と呼ばれるもの)
ある意味、かなり個人を大切にする国だと思います。

アメリカ文化といえば「自由の国」というアメリカ人が多くいますね。
その辺はどこまで自由なんだ?っと、まだまだ調査中。

私の個人的なtheoryでは、
「アメリカ文化」=「ハンバーガー」
ハンバーガーとは、二つの土台たるパンに、レタス、肉、トマト、マヨネーズ、ピクルス・・・・
と、色々な具が入って、一つの味として評価される。まさに、それなんです。
ちょっと深く踏み込みますけど、具を両端から押さえ込んでるパンは一体何なんだ?
って思いません?
私的答えは、「白人」(差別用語か?)では、ヨーロッパから来た人達。なんせ、全ての文化を受け入れて、押さえ込んで、仕切りに仕切って、今度は「トマトであるメキシコ人は出て行け~」ってトマトはかなりの重要な役目を果たしてるのに・・・。
肉は、たぶん奴隷として強制的に連れて来たアフリカの人たち(奴隷)ですね。バーガーの中で一番の重要な役割を果たしてるでしょ?彼ら無しで、今日のアメリカは無い。
マヨネーズは、奴隷以下の扱いをされてきたIrishの人たちかな。大体、パンに染み込んでて目立たないけど、濃度が濃い・・・というか。
(ピクルスと、レタスはご想像にお任せします。何か良い案があったら教えてください。)

(付け足し)
“おっと、ネイティブアメリカンを忘れているというコメント頂き、お恥ずかしながら、こんな大事なことを・・・すみませんです。レタスという意見を頂きました。ありがとうございます。
私的には、パンの上にちょろっと乗っている「ゴマ」かな。完全に目立たないのだが、栄養豊富で内容が濃い。アメリカに来た白人に色々な習慣、知恵、食べ物を教えた・・・のに、迫害。
インディアンはヒーローなので、パンの上に散りばめておきましょう。”

この記事で変人だと思われないといいけど。
頭にあった私の勝手な論理なので。一度書いてみたいと思ってたんです。

スポンサーサイト

コメント

こんにちは
この文章には、深く賛同するところがあります。
もちろん、全部ではありませんよ。
何かを一生懸命考えらしていることがよく分かります。
考えること、そしてそれを試していくこと。
ものすごく大切なことですね。
平和ってなんだ。
何で漢字で平和とかくのか、
pace ではなく peaceでもなく。
また読ませてくださいね。
今日もスマイル
はじめまして
わたしは日本の片隅に暮らす超ドメスチィックなおばさんです。
こちらのサイトはとても示唆的な内容に富んでいて、うれしいです。
わたしは、親子ほど年の違う相方の女性(女の子?)と毎日、
五・七・五の一句を交換し合い、それをアップしています。
お暇がありましたら、「ことば遊び」にいらしてみてくださいね。
またお邪魔させていただきます。今日はありがとうございました。
はじめまして・・・
I love GeorgiaのLittle Nateさんのブログからやってきました。小さな子供からお年寄りまで手軽に楽しめるハンバーガーが大好きです。 なかなか興味深いブログでした。
さて・・・レタスはネイティブ・アメリカン(インデアン)? 
俺達を挟み忘れるとは何たることぞ!俺達レタスを追い出してはイカン。
又、寄らせてもらいます。
あらま、いろいろThingsさんも見えますね。

ジョージアに住むLittleNateです。
ハワイとノースキャロライナにも少し住んでいました。が、ジョージアには一番長いと思います。

とっても面白いなぁ!勉強にもなるわ、と思って記事を読ませて頂いています。

堅苦しく無いのがえぇですね。(*'‐'*) ウフフフ♪

Post a Comment

Only "SAVER" can see this comment

Trackback

http://solvetheworldissue.blog51.fc2.com/tb.php/14-400cce52

 | HOME | 

ACTION CALENDAR

MONTHLY ACTION

CATEGORIES TO SAVE

FC2 Blog Ranking アクセスマニア 人気サイトランキング
Google

SAVER'S PROFILE

RECENT ENTRIES

SOLVER'S RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

  
Google
FC2 Blog Ranking 無料blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。