FC2ブログ

Save the World

世界の様々な問題について考え、解決策を導く為のサイトです。 This is not a website simply to talk about the important issues in the world. This is a website to initiate thought and discussion on how to best solve these critical world issues.

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-01

地球を救うDRAG

バイオ燃料・・・エタノール。さとうきびに、とうもろこし。っと注目を浴びるのがエタノール。実はさとうきび、トウモロコシ以外にもっと効率良く地球を救える天然資源があるんです。

それが、HEMP=麻=大麻=マリファナ

ご存知の通り、大麻はドラッグです。ご存知マリファナです。でも、麻です。一種の布として使われたりしますね。麻は約100日で3~4mくらい伸びるかなり成長の早い植物。なんと殺虫剤、除草剤、肥料が全くいらない。それでもって、土壌の栄養を使い果たすことは無い

さて、何が利点なのかというと。

1、茎は繊維になります。

糸、ロープ、衣類など、耐久性・強度共に優れる。
加工の仕方によっては綿より柔らかくできる
吸収性に優れるので、おむつ、タオル、ベビー服にはもってこい。

2、花の部分は医療に使えます。

緑内障、喘息、関節炎を癒す
癌、エイズ等の化学治療による副作用を和らげる
歴史的に認められたその他の医用価値。

3、皮を剥いだ麻の茎は、代替資源になります。

必要以上に木材を伐採することなく紙や、建築部材ができる。
石油などの化石資源の代替品!毒性の無い塗料、シーラント(密閉材)、プラスチック(天然樹脂)っと、たくさん作れる。

4、種子は食材やオイルになります。

非常に消化の良い良質なたんぱく質と、脂肪酸を含んでいます。
バイオ燃料の最高の原料として、ガス・炭・エタノール・メタノール・ディーゼル燃料を作ることができる
発電にも使用できる!

5、根っこもすごいんです。

化学肥料によって荒れてしまった土壌の活性化
地中に深く固定されるので、侵食や、土石流を防ぐ

どうです??すごいでしょう??
問題は一つ。
法律で規制されています

実は、まだまだ凄いHEMP。

紙にしたとき、200年たっても劣化が見られないほど上質。
        単位面積当たり木材の4倍も生産できます。
        ヨーロッパの12%の農地で生産した場合、世界の紙の需要をまかなえる!

建築に使うとき、細かくして水と石炭と混ぜると、「夏は涼しい、冬はあったかい」素材になる。麻からできたプラスチックはダイオキシンが発生しないかつ、土に還る。

落葉樹の3~4倍も二酸化炭素を吸う!!これぞ、二酸化炭素吸収器!

食肉用の鶏や、家畜の肥料としても使えます。
コレステロールや血圧も下げます。
自然界で一番パーフェクトなバランスを持つオイルです。

そして、何と言っても空気清浄化!

問題
マリファナ保持していると違法です。
法律を変えない限り、このすばらしい麻の地球救出能力は・・・。
こんなに身近な物がここまで地球を変えることができるんです。
でも、悪用されるのが落ちだ。ということで、法律で制限される始末。

解決策として考えられること
寒気がするくらい恐ろしい法律をつくり、栽培。
悪用不可の状況をつくりだすしか無いですね。

こんな天然資源、使わずして地球の未来無しです。マリファナを吸うことは、タバコを吸うようなものです。法律で規制されてるかされてないかの違いだけです。なんでタバコは違法にしなかったんでしょうか?マリファナはタバコより依存性が低いのである意味安全と言われてもいます。健康を害する害さないは個人の自由ですが・・・
「違法」と定めるからこそ好奇心が高まる。といのもありますね。どこの国でも同じことです。髪を染めるなと言われれば、染めたくなる。携帯を学校に持ってくるなと言われれば、持って来たくなる。そんなものです。

こんな地球の救世主。放っておいていいと思いますか??
スポンサーサイト

コメント

とおりすがりのものです。
大麻にそんな利用法があるとは
初めて知りました。

勉強になります。
興味を持ったのでまた来させてください。
大体は
大麻が大体そうだ?と言う事は分かってました。
では何でタバコは法律で禁止されてなくて、大麻が法律で禁止?
大麻・・依存性はタバコより低いのだけれど、もっと何か
幻覚だとかがあるんじゃないでしょうかね・・・もっと強い物へ移行していくという・・・タバコと違う依存が。だから法で禁止してるんじゃないですかね?
ドイツ、オランダなんかは喫茶店で買えるとか聞いた事がありますが、
いつだか大学のラグビー部の寮で大麻草を栽培して学生が退部、
退学になって、監督が処分されましたよ!
ここに来ると、勉強になりますよ。。
有難うさんです!

私も、マリファナの事 そんなに知らなかったんだわ~。
お役に立てて光栄です。さすがに副作用を和らげたりする効果があるだけに、吸引すれば幻覚状態に陥ります。ちょっと頭がおかしくなっちゃてる人は良く見ますね。

マリファナといえど、麻の栽培を合法化したとき、みんながみんな揃って吸引しだすでしょうか?

麻を世界各地で栽培することは、何よりも早く地球温暖化に歯止めをかける鍵となることは間違えありません。エタノールだけで世界中の車を動かすには早くても何年かかるでしょうか?

この先10年程度でヨーロッパが氷河期に入ると言われ、世界の主要都市は水に沈むと言われる今、まだまだ木を切り落として家を立て、紙を作り・・・。一方でノロノロと進む環境政策。

そこらじゅうを麻畑にしない理由はどこに?
っと、言いたいところですが、やはりこの問題は世界の人々のモラルにかかっていますね。
ちゃんと確認した話ではありませんが・・・

江戸時代までは庶民は当たり前に
麻を生活に使い、その幻覚作用を楽しんで
いたと、聞いたことがあります。

明治になり、生産性を高め、西洋に追いつくため、
政府は、規格的な生活を庶民に求めた結果、
麻は排除される事となった。・・・・

酔っ払った席で聞いたので、うそか、間違いかも
しれませんが、ちょっと納得感あるので、ご紹介
しておきます。まちがっていたら、ごめんなさい。
日本が昔から麻を伝統的に生産してきたのは事実です。衣類から医療まで、たくさんのことに使っていました。
幻覚作用を楽しんでいたのは、聞いたことは無かったですが、アメリカンインディアンも当たり前のように伝統的にマリファナは吸っていましたし、可能性はかなり高いと思います。世界中にあるお手ごろで便利な草なんですから・・ねえ。でも、やはり生産を始めたら、人間はやはりプカプカ吸い出すでしょうか??
例えば、国連の専売にして、医者の処方箋が
出ている人のみがマリファナを購買できる、
(心理的医療効果は十分期待できるし・・)

しかも、
医療カウンセラーの定期的なカウンセリンの
受講が連続購買の必要条件となる、

みたいにして、そこで得られた、収入は、
環境保全に使用するたとか、するば
どうでしょう。

マリファナは適度に吸えるし、環境保全の
ための収入も確保できるし、一粒で二度
おいしいアイデアだとおもうんですが・・・
そうですね。処方箋無しで吸ってる人は罰金でそれもまた美味しく環境保全に使うとかですね。まさかタダの2~3日牢屋行きというわけではなく(税金も無駄だし)やはり、罰金。麻を栽培する農家もまたいろいろと責任がうまれてきますねえ。盗まれたりもするんだろうなあ~・・・。

Post a Comment

Only "SAVER" can see this comment

Trackback

http://solvetheworldissue.blog51.fc2.com/tb.php/23-62f94492

 | HOME | 

ACTION CALENDAR

MONTHLY ACTION

CATEGORIES TO SAVE

FC2 Blog Ranking アクセスマニア 人気サイトランキング
Google

SAVER'S PROFILE

RECENT ENTRIES

SOLVER'S RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

  
Google
FC2 Blog Ranking 無料blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。